Russel / Sales, Japan


企業として多様な形の社会貢献があると思いますが、VNTCの構成員を一人ひとりが患者だけでなく、側彎症に苦しんでいる様々な方々の生活を直接的にサポートできるという点がVNTCに入社した一番のきっかけでした。

VNTCの営業チームのRusselと申します。営業チームとして韓国国内での営業活動を行う一方、日本市場に対する当社製品の営業・マーケティングを担当しております。海外ビジネスは、基本的な営業スキルはもちろん重要ですが、それぞれの国家の文化に対する理解が絶対的に伴わなければなりません。大学及び留学時代、日本の文化や日本語を勉強し、数年間日本企業で営業職を勤めました。今まで重ねてきた経験を基にし、当社の日本市場への窓口の役割を務めております。

当社の側彎症用矯正装具の開発は、患者に処方する医療陣の悩み、そして患者さんとその家族の悩みと共に始まりました。何よりも患者の立場を最優先に考え、彼らの苦しみを和らげために努力してきた結果物です。企業として多様な形の社会貢献があると思いますが、VNTCの構成員を一人ひとりが患者だけでなく、側彎症に苦しんでいる様々な方々の生活を直接的にサポートできるという点がVNTCに入社した一番のきっかけでした。

VNTCの窓口として現場の医療陣と患者たちの声に、さらに耳を傾け、患者たちにより最適な治療法が提供できるよう、貢献したいと思っております。側彎症で苦しんでいる学童期、青少年期の患者たちがspinamicを通して、手術による外的・心的な苦しみ無く、側彎症を乗り越えることを望んでいます。