jp-zinie2019-05-02T08:41:37+00:00

Zinie / Textile


私は青少年期に特発性脊柱側彎症の診断を受けた側弯症患者です。患者さんたちが私と同じ苦しさで悩まないように、患者さんの生活の質が向上できることにデザインのフォーカスを合わせ、より良い製品を開発するため、取り組んでいます。

VNTCのtextile デザイナーZinieと申します。soft partのデザインを担当し、製品を開発しています。私は青少年期に特発性脊柱側彎症の診断を受けた側弯症患者です。当時は情報不足と少ない治療法のために、脊柱側彎症の矯正治療について困難を経験しました。
成人になった今でもバランスがくずれて、真っ直ぐでない自分の体を見る度に、他の脊柱側彎症の患者さんが私と同じ苦しさで悩むようなことがなければ良いなと思います。そのような思いから患者さんの生活の質が向上できることにデザインのフォーカスを合わせ、より良い製品を開発するため、取り組んでいます。

良いデザインというのは、我々の体から話を聞き、適切にフィードバックさせるときに初めて出来上がると思っています。しっかりと耳を傾けて聞いたら体は、私たちに明確で具体的な話しをしてくれます。デザイナーとして、それをしっかりと見抜き、既存の矯正装具のデメリットを補完し、身体的な苦しみだけでなく心理的な苦しみも最小限にしながら、矯正効果まで逃さない製品を製作しました。

私は夜明けにお寺に行って瞑想することが好きです。瞑想を通し、過ぎたことを捨てれば、新しいことを受け入れる空間を整えることができるし、短期間で集中力を引き上げ、何かに没頭できる能力が養われるからです。